YaSoo!Japan

旅と筋トレの記録

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

2012北海道ツーリング 8日目 

ツーレポ |

北海道ツーリング
8日目 最終日
7月21日(土)

とうとうこの日がやってきてしまいました。
涙無しでは語れない北海道ツーリング最終日。

8日間にわたる旅の最中、一時ホームシックになりながらもなんとか過ごしてきました。
このまま大人しく家へ帰るか、それとも延泊という暴挙に出てしまうのか!?

DSC09525.jpg
最終日の朝は曇り。

北海道が僕との別れを悲しんでいるかのようです。


曇り空の下では、富良野、美瑛の楽しさは半減だろうと思い、最終日は小樽観光に決定です。

小樽観光と決めたものの、日々コンクリートジャングルの弱肉強食の世界の中で生きている自分にとって、この雄大な自然との別れはツーリングパンツの股が破けてしまう事よりも辛いものです。

辛さを断ち切るように、小樽までは高速道路で移動。
札幌経由なので昼食は札幌ラーメン。
一旦、高速を降りていただきます。
今考えれば小樽で豪勢に寿司でも食うのが、正しい旅のラスト飯だったのでしょうが、後悔先に立たずです。

小樽では、大好きなスイーツ屋さんが軒を連ねており、ここでしか食べられない限定品がズラリ!
ご当地限定品という観光客の心をくすぐる作戦にまんまとハメられた人間がここにまた一人。

ル・タオの「チーズソフトクリーム」
DSC09620.jpg


六花亭の「サクサクパイ新千歳発」と「カスタードシュークリーム」
ナント賞味期限は10分!!
注文すると、その場でパイの間に挟んでくれます。
優しいお姉さまが間に挟んでくれます。
クリームを挟んでくれます。
DSC09625.jpg

小樽店、新千歳店、限定品らしいです。



更に続けて北菓楼のソフトクリーム、中学の修学旅行で口にしてあまりの旨さに衝撃を受けた雪印パーラーのアイスクリームと逝きたいところでしたが、歳を重ねるごとにその寛容さを失いつつある我が胃腸は、六花亭での完食時点で既に暴走の兆しを見せ始めており、制御不能な事態におちいるのを食い止めるべく食うのを止めます。


心を鎮めるべく小樽運河へ
DSC09626.jpg


さて、欲望との戦いの真っ最中ですがそろそろ出航時間が近づいてきました。
道央道で苫小牧港へ。


最後に、北海道ツーリング最後の〆として自分の中で定番化しつつあるここへ。

味の大王 総本店
DSC09640.jpg

なんともすごいネーミングのこの店で注文したのは
元祖カレーラーメン
DSC09642.jpg


スープカレーのルーよりもとろみのあるスープが太麺とよく絡んでクセになる味です。
来年は辛口を食べてみるゾ!


味の大王総本店から苫小牧東港までは20分ほど。
19:00出航の翌朝7:45秋田港に到着です。


遠ざかる北海道
DSC09655.jpg


眠りにつくまでの数時間、サッポロクラシックラガーを飲みながら、地図を片手に旅の思い出を反芻する。
これもまた至福のひと時です。
もしかすると長距離ツーリングのこの時間が一番好きな瞬間かもしれません。
DSC09659 (1)


それにしても、今回の北海道ツーリングは初の7月上陸を果たした訳ですが、天候の良さに只々感謝するばかり。
8日間のツーリング期間のうち雨に降られたのはわずかに10分程度。
常日頃すべての物に愛情を注いで暮らしているこの僕への神様からのとっておきのプレゼントでした。

来年もまた、この7月という仕事がクソ忙しい時期にどうにかして北海道ツーリングを敢行してやるぞと、強く思うのでした。
Resized.jpg

最後の最後に重大なミスが発覚。
ウニ丼を食べるという使命を果たしないのであった!
スポンサーサイト
20:01 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yashoojapan.blog114.fc2.com/tb.php/219-bea1ef99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。