YaSoo!Japan

旅と筋トレの記録

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

2012北海道ツーリング 2日目 

ツーレポ |

北海道ツーリング
2日目
7月15日(日)

テントで寝ると早起きになれる。
これは万人に共通する事ではないかなと思いますが、自分も例外に漏れる事無く4時台に目が覚めた渡道2日目の朝。

今日は知床半島を存分に堪能する予定です。
DSC08885.jpg

まず向かったのは知床峠を越えて羅臼側へ。
知床半島の道の終端である相泊まで。
お目当ては、海岸すぐ脇にあると言う噂の「セセキ温泉」と「相泊温泉」


快晴の下、羅臼岳がお出迎え。
知床峠で一番好きな場所です。
DSC08888.jpg

早朝で交通量の少ない知床峠を快調に飛ばし、峠駐車場に到着すると、羅臼側は霧の中。
下の写真、バイクよりも左がウトロ側、右が羅臼側です。
左は快晴、右は濃霧に包まれ・・・
DSC08899.jpg
峠を挟んでここまでくっきり天候が異なっているのもすごいですね。


ということで、予定を変更して「カムイワッカ湯の滝」へ行く事に。
カムイワッカ湯の滝へのアクセス道路は、冬は冬季通行止め、夏は自然保護の為8月と9月が一般車両の進入が規制されるなどしており、自走できる期間はごくわずか。
この貴重なチャンスを逃す手はありません。

約10kmのダートを通ってカムイワッカ湯の滝へ。
ダートは浮き砂利が少なく締まっており、かなり走りやすくロードバイクでも問題ないでしょう。
実際、何台か走っていました。
ただし、所々大きく凹凸になっている路面があるので荷物を満載している場合は注意が必要です。

我が愛機は、新調したタイヤもなかなかダートが走りやすく、楽しみながらの到着となりました。
さて、これから湯の滝の中を登頂開始です。
DSC08907.jpg

カムイワッカ湯の滝を攻め落とすのにサンダルは欠かせません。
DSC08917.jpg

激流に抗いながら一歩ずつ先へ進みます。
DSC08911 (1)

KEEP OUTのテープが緊張感を高めます。
DSC08909 (1)

命がけで登ってきましたが、これより先は確実に死が待っているため何人たりとも入ってはならんと言う林野庁のお告げです。
DSC08913 (1)

それにしても、7月中旬と言う時期のせいなのか、湯の滝は温泉として入るには少しぬる過ぎでした。
かつてここを訪れた際は、入浴にちょうど良い温度であった為「秘密の直接ズボンプレイ」という恥辱を受ける羽目になりましたが、今回はそのような事にはなりませんでした。


カムイワッカ湯の滝から無事に下山した後は知床五湖へ。

おやつに鹿バーガー
普通のハンバーガーと遜色ないウマさ。
DSC08943.jpg

知床五湖はヒグマ出没の為、第一湖のみ見学可能。
それでも知床連山は素晴らしいの一言に尽きます。
DSC08948.jpg

この時、第一湖の木道の下にヒグマの親子登場。
直線距離で100メートルほどの距離で戯れておりました。


そしてこの後、本日のメインアクティビティである「知床観光船」です。
本日搭乗の船は「DOLPHIN」
定員40名ほど。
オープンデッキに20名ほど乗る事ができ、まさに世界遺産知床を肌で直接体感できる仕様になっています。

DSC08953.jpg


ちなみに知床観光船には大小さまざまな種類の船がありますが、大型船よりも俄然こちらのDOLPHIN号の様な小型船がオススメです。
大型船は船体が大きく、小回りが利かないため沖合を航行するしかありませんが、小型船はその機動性を生かし見どころスポットへより肉迫する事ができます。

さて、今回のコースは14:00出航、3時間のクルーズ後17:00帰港となります。


出航して程なく表れる景色は本当にすばらしく筆舌に尽くしがたい。
シャッターを切るのを忘れてしまう程。
某携帯会社社長の言葉ではありませんが「知床半島の素晴らしさを知らない人は人生を悔い改めるべき」かも知れません。
DSC08960.jpg


半島の先端、知床岬まで約2時間のクルーズ。
その間、感動しっぱなし。
ヒグマも何頭か目撃することが出来ました。
DSC08989 (1)

ここが知床岬
遠くに北方領土が見えたので「返せ―!!」と叫んできました(心の中で)
DSC09005.jpg

帰りはベタ凪の中まったりクルーズ
DSC09024.jpg

往復3時間 8,000円
決して高いとは思わない内容でした。
ぜひ体験してみるべし。
でも予約は必須だと思います。


そして今夜も昨日と同じ、国設知床野営場へ宿泊。

なんと数年前に網走のキャンプ場で知り合い、今でも時々連絡をとっている方と偶然にも再会!
久しぶりに酒を酌み交わすのでした。
スポンサーサイト
23:52 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

コメント

なかなか楽しいげな知床ですねv-45予定のルートがかぶっているのでイイ参考になりますv-16さらに0円マップとミシュランガイドを熟読しておきますv-40

ヤスタロー #- | URL | 2012/07/24 09:22 * edit *

Re:

>ヤスタローさん

知床付近はスーパーが無いので早めの買い出しが快適なキャンプ生活を送れるかのカギになりますぞ

ヤスー #LkZag.iM | URL | 2012/07/24 11:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yashoojapan.blog114.fc2.com/tb.php/213-1ba85456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。