YaSoo!Japan

旅と筋トレの記録

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

岩手雨の日ツーリング/Ⅱ 

未分類 |

滑り続けるリアタイヤ。
迫り来るヤクルトトラック。
さようならGS
お前が居なくなったら俺は誰を相棒にしたらいいんだよ!
様々な思いが頭の中をよぎります。
そんな心の叫びが神に届いたのか、次の瞬間奇跡は起こりました。
タコ踊りの最中、3回目のお釣りに突入しかけたその時、カウンターを戻すタイミングが合います。
リアタイヤのグリップが回復。
車体は安定を取り戻します。
半分以上追い抜きつつあったトラックをジワリと加速して追い抜き、トンネル出口から差しこむ光に向かって一気に走り抜けます。

無事トンネルを抜けて何があったのか思い出してみます。
トンネル内の路面はアスファルトではなくコンクリートでしかも濡れていた。
恐らくテールスライドの原因はそこにあったのでしょう。
又は、白線で滑って、そこへμの低い路面がグリップの喪失へ拍車を掛けてしまったか。

兎に角、いままでバイクで経験した中で最大角度の意図しないテールスライドにかなりビビッてしまいますが、原因はほぼハッキリしているので不安は無し。

ここらで先導するヒビキさんのペースが一気に落ちます。
僕がタコ踊りをしていたのにはきっと気づいていないだろうからきっとKサツのにおいでも嗅ぎ付けたんでしょう。
と、思っていたらやっぱり居ました、側道に身を潜めたPCが。
流石の嗅覚です。

PCから充分離れたところでペース回復。
八戸川内林道(正式名称忘れた)へ突入です。

林道とは名ばかりの快適2車線道路が続きますが、高度が上がるにつれ霧雨状態に。
路面は完全にウェット。
本来ならすばらしい眺望のはずなのに何にも見えまえん。
DSC02959.jpg

DSC02962.jpg

何も見えない展望台を後にし、県道、林道、県道と細くてタイトなコーナーが繰り返す道をいくつも通ります。
DSC02963.jpg


GSはその車体に似合わずタイトコーナーが楽しいバイクです。
我を忘れて楽しんでいる間に平庭高原へ到着。
ヒビキさんこんな道知ってるなんてステキです。

平庭高原でちょうど昼食タイムです。
ヒビキさんは短角牛カレー、僕は短角牛カルビ丼。
本当は短角牛ステーキ食べたかったけど2500円くらいなので断念。
DSC_0099.jpg

ストーブが焚かれた店内で濡れた合羽を干させてもらいます。ありがたやありがたや。
でも、靴の中はかなりジューシーな状態。
ブーツカバーが雨具としての役割をまったく成していません。
装着の仕方が悪いのか、もとよりその程度の物なのか・・・

昼食後は平庭からR281を通り葛巻、R4へ。
R4から、むかし通ったことがあるけど何て名前だか忘れたいい感じの広域農道を通り松尾八幡平ICから東北道へ。

東北道に乗った途端、ヒビキさんが狂ったように爆走始めます。
さすが4発のFZ。
憑いていくのがやっとです。
一気に爆走南下し秋田道へ。
横手でヒビキさんとお別れ。
秋田へ帰宅は16:00頃。

走行距離は570キロ
早朝スタートの甲斐あって、こんなに下道走ったのにこんなに早く帰れるなんてすばらしい。
天気が良ければ眺望、難易度共に最高のコースだったでしょう。

今回はみんなで行くときの下見って事で、近いうちに再度企画したいと思いました。


スポンサーサイト
01:00 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yashoojapan.blog114.fc2.com/tb.php/182-346ea084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。